人材開発 - リーダーシップ

対話力研修(Group Dynamics)

-個人・組織の力を生かす論理と実践- 

サービス紹介SERVICE

対象 組織内のコミュニケーションの活性化や創造性の向上を目指している方・部署、従来とは異なる新たな価値創造の視点、発想、意識を期待する方・部署におすすめです。
日程 1日
狙い 個人・組織の力を引き出す「対話力」を習得することで、社内外問わず会議・商談の活性化を図ります。
対話力研修

プログラムの特長

  • 特長1

    実務と学問を融合したプラカデミック(PRACADEMIC)なプログラムです。

  • 特長2

    ケーススタディでは、ロールプレイ演習を交え、実践的スキル習得をはかります。

「対話力」とは?

  1. 組織はなぜ機能不全を起こすのでしょうか。組織が力を発揮するためには、個人の力を引き出し、グループとしての力を合わせることが必要です。そのためには、グループダイナミクスを理解し、個人・組織の力を発揮する論理と実践である「対話力」が求められます。

研修の流れ

  1. *交渉力と合わせた2日間研修も可能です。
  2. *グローバルな企業・部門向けの英語プログラムもございます。
  3. 1.はじめに
  4. 2.ディスカッションケース
  5. 3.レクチャー: 対話のむずかしさ
  6. 4.ケース①: 拡散・収束
  7. 5.レクチャー: 熟考の重要性
  8. 6.ケース②: 拡散・相互理解
  9. 7.レクチャー: 困難な対話への対処
  10. 8.おわりに

受講者の声

男性受講者

「講義での論理のレクチャーとロールプレイングの実践を交互に行うことで、より実感を持って学問を学ぶことができた。」

(40代・男性)


男性受講者

「グループ内の議論促進の方法論が、今後の会議の活性化のために有益と思われました。」

(30代・男性)

関連リンク

関連する研修

人材開発 プログラム一覧

サービス一覧

このページの先頭へ

CONTACT