人材開発 - リーダーシップ

リーダー研修

サービス紹介SERVICE

受講対象 若手~中堅層
日程 2~4日間(ご要望に合わせて調整可能)
狙い 職場やチームの成長や課題解決のためにどのようにリーダーシップをとればよいかを認識する研修です。職場やチームの成長や課題解決のために必要なことは何で、周囲にどのようにはたらきかけ実行していくかを習得することができます。
リーダー研修

プログラムの特長

  • 特長1

    組織課題への当事者意識

    各々の職場の課題を共有し、解決策を考えていく中で職場で各々がどのようにリーダーシップを発揮するか当事者意識を醸成します。職場の課題に気づき、周囲への影響力を発揮しながら、課題を解決していく意義と責任を確認します。

  • 特長2

    状況に合わせた役割認識

    職場の人員構成や業務状況、管理者の考え方を踏まえて、職場で求められるリーダーとして役割を認識します。調査データや事例をつかってリーダーとしてどのように実践していくかの選択肢をもつことだきます。

  • 特長3

    今後の組織施策を提言

    研修を通して知り得た受講者の傾向や組織の問題をレポートにまとめ、受講者のフォローのポイントや組織として強化すると良いと思われること・改善すると良いと思われることなど、今後の取り組むと有効だと思われる施策の提言をおこないます。

研修の流れ

下記プログラムは一例です。カリキュラムは参加者の現状や特性をふまえ、カスタマイズを行います。
※各日10:00~18:00、昼食休憩1時間と約1時間毎に1回の10分休憩を挟みます。

1日目
10:00~12:00 問題解決
(職場分析)
職場の問題を考える
職場の理想の状態を考える
自分にできること考える
13:00~18:00 目標管理 目標管理とは何かを知る
目標に到達できない可能性
目標到達のためのアドバイス
2日目
10:00~12:00 コミュニケーション 上司の考えを部下・後輩に伝える
部下・後輩の考えを集約する
上司への情報提供
13:00~18:00 モチベーションマネジメント 部下のモチベーションを知る
部下のモチベーションに影響を与えていることを知る
部下のモチベーションの支援方法

※その他、カリキュラムは参加者の現状や特性をふまえ、以下の様なプログラムに変更・追加等のカスタマイズが可能です。

  タイムマネジメント「業務管理」 自分の業務を洗い出す
仕事の種類
仕事の進め方を定める
  物事を多面的に捉える リフレーミング リフレーミングとは
5つのリフレーミングスキル
リフレーミング
  キャリアデザイン 自分の仕事人生・価値観を振り返る
外部環境分析
働く目的・意義を設定する
  セルフモチベーション モチベーションの理解
自分のモチベーションの状態を知る
自分のモチベーションの維持・向上法を策定

関連リンク

関連する研修

人材開発 プログラム一覧

サービス一覧

このページの先頭へ

CONTACT