人材開発 - リーダーシップ

OJT指導者研修

サービス紹介SERVICE

受講対象 新入社員、若手社員を指導している方
日程 2日
狙い
  • メンターの存在意義と、メンターという役割が自分にもたらすメリット、影響を理解し、メンターとしての モチベーションを高める
  • 具体的な対応方法を学び、実践的スキルを身につける
OJT指導者研修

プログラムの特長

  • 特長1

    総合的な面談スキルの習得

    メンター(指導者)がメンティー(新人)教育にあたり必要なヒューマンスキル、中でもコーチングスキル、カウンセリングスキルの基本を2日間、実践形式で習得できます。講師はコーチング及びキャリアカウンセリングの専門家で、本プログラムはコーチング、カウンセリング、ストレス、モチベーション等、複合的な観点で設計され、とりわけ面談スキルの習得を狙いとしております。

  • 特長2

    ナレッジ共有と現場での実践

    研修の事前課題や、研修内でアウトプットされた知恵は、研修後受講者全体で共有化され、複数クラス開催においても、クラスを超えた共有が可能となり、また実践に活かすことができます。

  • 特長3

    分析ツールを使った、自己分析

    DLL(ダイヤモンド・インベントリ・ラーニング・リーダー)を活用し、自らの指導の強み弱みと自らの指導上の問題点を把握しながら指導方法の改善点を知ることができます。

研修の流れ

  1. 1.最近の新人の傾向
  2. 2.メンターの自己分析
  3. 3.コーチング、カウンセリング力のスキル向上
        ~体感ワーク、コミュニケーションゲームを使った6つのスキル~
  4. 4.新人育成計画の作成
  5. 5.面談ロールプレイ

受講者の声

男性受講者

「体感ワークで、新人の気持ちがわかり、自分の指導方法も変えなければならないと感じた」

30代男性(営業職/係長)


女性受講者

「グループワークやロールプレイが多くあり、より実践に近い研修でした」

20代女性(営業職/一般職)

人材開発 プログラム一覧

サービス一覧

このページの先頭へ

CONTACT