コラムCOLUMN

不機嫌な新入社員の様子から考える、企業課題

 

この時期は、本年度入社をされた新入社員の皆様の「フォローアップ研修」のご依頼が多い時期です。

私も様々な企業様より、新入社員の皆様のフォローアップ研修の登壇機会を頂戴し、お話をしております。

佐藤昌弘

佐藤昌弘
HRコンサルティング局
シニアコンサルタント

毎年担当させていただいている企業様も多く、皆様の成長されたお姿を見ると頼もしく感じる一方で、4月にお会いした時と比べ、印象がマイナスに転じてしまっている方もお見受けするのも、この時期の特徴です。

主な事象

・研修会場に入室した際、誰にも挨拶せず、無言で入室してくる

・研修の「開始時」「終了時」に、挨拶しない

・研修中、自身の携帯電話が鳴ると、黙って研修会場から退出する

・研修中、研修内容とは違う資料等を机に出し、研修には集中していない

・研修中に行うグループワークに、まったく参加していない

 

以上のことは、入社されたばかりの研修の際は、すべて出来ていたことです。

あくまでこれらの事象は一部の方ですが、残念ながらこうした事象は、毎年一部の方に見られてしまう事象でもあります。

 

 

なぜこうした事象が、出てきてしまうのでしょうか?

企業様毎に、様々な課題があろうかと思いますが、一つの傾向として「社内のホスピタリティがない」というものがあります。

具体的な事象として、「上司・部下のホスピタリティが無く、お互いが押し付けあっている」「会社が社員へのホスピタリティの姿勢が無く、社員が疲弊している」などが挙げられます。

ご紹介した、新入社員の皆様の研修中の姿勢の変化も、こうした事象とは無関係ではないと思われます。

 

 

弊社は、オリジナルのホスピタリティメソッドを活用してHRコンサルティング事業を行っておりますが、このメソッドを社内間に置き換え課題解決を行う機会が増えてきています。

実際に私が担当をさせていただいている企業様の中でも、「ホスピタリティマインド向上」を全社で取り組まれ、徐々に意識の改善が進んでいる企業様もございます。

今回担当させていただいたフォローアップ研修でも、お客様に対するホスピタリティだけでなく、皆様のお仕事をサポートしてくださる社内の方々に対しても、ホスピタリティある対応を心がけることが、結果お客様へのホスピタリティ対応にもつながる旨、お話いたしました。

 

新入社員の皆様の想いとしては、「お客様対応ではホスピタリティ対応を実践している」というお気持ちなのかもしれません。ただ研修中や、その他の場面での社内でのふるまいが疎かになってしまっている方は、お客様から見た評価も同じように見られてしまうと思います。

上司と部下との関係性や、社内間のホスピタリティがなく、社員が疲弊している、といった課題がおありのようでしたら、その根幹となる原因の一つとして、社内にホスピタリティがあるか?という観点で検証・対策を打ってみてはいかがでしょうか。

 

本件に関するお問い合わせはこちらから


サービス一覧

このページの先頭へ

CONTACT