企業運動会・スポーツフェスティバル

ポイント

JTBコミュニケーションデザイン(旧JTBモチベーションズ)は、「コミュニケーション活性化」「他部門との連携」「モチベーションの向上」といった企業・組織様の課題に対する施策として、オリジナルの社内運動会をお奨めいたします。

企業・組織様を取り巻く外・内部環境の厳しさが続く昨今、「新たな価値の創出」「より一層の団結」「社員の健康増進」など、より強固な組織づくりが求められるようになり、逆境に負けない一致団結のための社内運動会やスポーツ大会が再注目されています。
わたしたちは、企業運動会実施のメリットを存分に体験頂けるよう、コンセプト設計から、主催者様の課題・要望に合わせたオリジナル競技のご提案、また、老若男女、大人から子供まで盛り上がれる、安心・安全な運動会当日のオペレーションを実施いたします。幼い頃に経験した、あの運動会の盛り上りで、より強固な組織作りをサポートします。

モチベーションアップのための実施ポイント

その1コミュニケーション促進

スポーツによるセクショナリズムのない健全な交流

その2絆・団結力強化

社員間ネットワーク、社員の家族との交流で強い絆の構築

その3従業員の健康促進

福利厚生の充実目的、実施による健康増進への気づきの提供

運動会・スポーツフェスティバル事例

鉄道業界 全社員+社員家族参加 会社運動会

実績&会場 2012年
横浜アリーナ
社員・家族5,000名(二日間開催 各日2,500名)
イベント構成 開会式、ファミリーコーナー、縁日、
フードコーナー、オープン
午前競技
午後競技
閉会式、感動VTR
実施目的 ・帰属意識の醸成
・社内コミュニケーションの活性化
・感性と体の刺激
・家族との交流
詳細を見る

大手サービス業 スポーツフェスティバル2011

実績&会場 2011年
大井埠頭講公園陸上競技場
社員1,000名
イベント構成 開会式
午前競技
午後競技
閉会式
実施目的 ・横断的なコミュニケーション促進
・会社体制の理解を深める
・法人営業部門統合に伴う団結心の醸成
詳細を見る

流通業 社内大運動会

実績&会場 2011年
横浜アリーナ
社員2,000名
イベント構成 開会式
作戦タイム
各種オリジナル競技
2,000人チャレンジ
自由懇親~表彰式中継
実施目的 ・更なる成長に向け「企業理念」を社員個々人
 が体現する
・参加者が互いに価値観を高め合う
・企業の「一丸力」を体験してもらう
詳細を見る
事例をもっと見る

 

関連リンク

関連記事
ワーク・モチベーション研究所 所長 菊入みゆきが語る、
  「『社内運動会』の “必ずうまくいく”企画運営のコツ」
  『運動会は、ダントツに楽しい!! しかし、企画によっては大失敗の可能性あり』
  『イノベーションと運動会 ~社内運動会は、企業の「変革」期に効果あり~』

「1日で、会社をもっと好きになる」スポーツイベント! 社内運動会特集ページはこちら

 

特別インタビュー 富士ゼロックスシステムサービス様 詳しくはこちら

 

イベントプログラム一覧

運動会・スポーツフェスティバル


Top