周年イベント

ポイント

JTBコミュニケーションデザイン(旧JTBモチベーションズ)は、企業・組織様の周年イヤーを「新たな躍進や変革」を内外に発信する、チャンスの年と捉えています。様々なステークホルダーに対して効果的に「感謝」と「ビジョン」と「未来」を伝達する起爆剤としての周年事業・周年イベントをご提案いたします。

周年イベントとは、対社員、対ステークホルダーに対して、「感謝」と「ビジョン」と「未来」を効果的に伝達する直接コミュニケーションイベントと考えます。企業・組織様にとって、創立・設立から数えて周年を迎える年は、自社の可能性を内・外にプロモーションする最適な1年であり、「変革」や「創造」を試みる最大のチャンスイヤーといえます。「ビジョンと未来」を共有し、「一体感」や「働いている喜び」を感じて頂きながら、次なる周年へ向けたモチベーション・チェンジを促します。
わたしたちは、周年事業全体のコンセプト設計から、周年記念式典の企画・演出まで、トータルにご支援することが可能です。お客様のニーズにあわせ、「周年」という絶好のチャンスでの効果を最大化するご提案をいたします。

「伝統を共有し、ビジョンに共感する」特別な周年イベント! 周年イベント特集ページはコチラ

モチベーションアップのための実施ポイント

その1ビジョンの共有

企業のステークホルダーへ、「これから」のビジョンやメッセージを伝えること

その2ロイヤリティの向上

これまでの足跡の振り返りを行うことで、社員の帰属意識を向上させること

その3会社の魅力や未来の共有

会社の社会性、未来に向けた考えを社員やそのご家族、ステークホルダーに発信し、感動を共有すること

周年イベント事例

アパレルメーカー 創業50周年記念社員大会

実績&会場 2008年 パシフィコ横浜『展示ホール』
社員5,500名(第一班2,750名、第二班2,750名)
イベント構成 1部/表彰式
2部/未来へ向けてのプレゼンテーション
3部/懇親会
実施目的 ・50年の歴史を振り返り
・新たなモチベーションを創造・奮起
・10年後のビジョンに向けたグループ社員の
 一体感の形成、強固化
詳細を見る

金融業 ご家族参加型周年イベント

実績&会場 2012年
両国国技館
社員・ご家族2,300名
イベント構成 下記3会場に分かれたプログラム構成
メインフロア
キッズフロア
ファミリーフロア
実施目的 ・イベントを通じた職員と家族間の親睦の強化
・逆境の中での強い絆づくり
・ビジョンの共有
詳細を見る
事例をもっと見る

関連リンク

関連記事
 周年イベントプロデューサーが語る、
   『やってはいけない!「創立記念イベント失敗の法則」』

 ワーク・モチベーション研究所 所長 菊入みゆきが語る、
   『創立記念イベント “必ずうまくいく”企画運営のコツ』

 ワーク・モチベーション研究所 所長 菊入みゆきが語る、
   『創立記念イベントで、企業理念を浸透させる ~一過性で終わらない取り組みのために~』

イベントプログラム一覧


Top