お知らせ

本当の組織風土改革とは 《コンサルタントブログ》

 

 

本当の組織風土改革とは

 

組織の規模、業界を問わず
「風土改革をする必要があると思うのだが、どうして良いか分からない」
と悩まれている組織からよく相談を受けます。

 

その多くが、「社員が考えている事が分からない」と悩まれています。

 

 

なぜ、そのように思われたのかお聞きすると

「社員の意識調査をしたら結果が悪くて」

「社員のアンケートにネガティブな声が多くて」

と、調査をして気づいたというケースが多いように感じます。

 

 

最近、特にこのようなお声が

多く聞かれるようになってきたのは、

業績と社員の意欲の関連性が、

以前より高まってきているからではないでしょうか。

 

 

「業績低下の原因

=社員の意欲低下の原因

=自社の組織風土が良くないから」

と考えられているようです。

 

 

そのような企業様にお伺いし、

社員の方々のご意見をお聞きしていると

多くの方は、組織風土の改革や

自分達の意欲を向上させてくれるのは

会社もしくは上層部だと考えられているようです。

 

 

組織とは、そもそもそこで働く人々が作っているものであり、

風土は、社員一人ひとりの

日頃の行動や言動からできあがるものです。

 

 

社員がイキイキと働き、

成果が上がるような組織風土に改革するには、

そこで働く人々が、

「自分達の日頃の行動、言動を改革していくことが、

そのまま風土改革になる」

と気づくような取り組みを始めることが大切です。

 

 

まずは、勇気を持って社員の本音を

上層部の皆さんが聞くことから

始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

コンサルタント 植田 智己の紹介はこちらから

講演・コンサルティング・研修等のご依頼・ご相談はこちらから

 

%e6%a4%8d%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%94%a82

植田 智己
モチベーションコンサルティング局 

コンサルタント
プロフィール詳細を見る


Top